就活情報

エントリーシート・履歴書に書類不備…メールのお詫び方法は?

ES提出したけどミスがあった…
書類不備があったときの対応方法を知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はエントリ―シートや履歴書提出後に書類不備があったときの対処方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

不備を見つけたらまずはメールでお詫び

提出した書類に不備を見つけたら、まずはお詫びメールを送るようにしてください。

採用担当としては、無駄な書類に目を通さずに済むので少しでも早く連絡を欲しいはずです。

メールではお詫びに加えて、差し替えの書類をすぐに送付する旨の連絡をしておきましょう。

ES・履歴書に不備があったらすぐ再送

お詫びの送付状を添付する

住所や電話番号の書き間違い、必要書類のモレ等、ESや履歴所に不備があった場合にはすぐに再送してください。

そのときにはお詫びの送付状も添付するのが間違いないです。

採用担当の連絡先を知っていれば、書類送付後に電話やメールでフォローを入れると企業からの印象も良くなります。

提出済みの書類は原則変更しない

就活参考書の中にはESが駄作だと思ったら、新たに自己PRを作成して持参するというアドバイスがありますが、正直おすすめできません。

というのも、面接官は提出済みの書類に事前に目を通して想定質問を検討しているからです。

せっかく時間を割いて予習してもらったのに、新しく別の書類を提出するのは礼儀知らずなNG行動ともいえます。

書類提出する際には、変更が出ないように事前に何度もチェックするようにして下さい。

WEB提出では人事に要相談

Web上でエントリーシートや履歴書を提出する企業も増えてきています。

基本的には決められた期限を過ぎてしまったら、Web上での変更は不可となってしまいます。

原則は変更しないのがベストですが、どうしても書類不備があって変更したい…という時には採用担当に相談してみて下さい。

  • 特別に変更の権限を付与
  • 修正版をワードで提出

など、個別に対応してもらえる可能性があります。

締切厳守は当たり前のことなので、多少の書類不備であれば面接で挽回するように心がけて、書類修正を行わないというのも選択肢のひとつです。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は提出済みにエントリーシートや履歴書に不備があったときの修正方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days