就活ツール

面接でエントリーシートを丸暗記…ESの棒読みは?

面接ではESと同じことを言わないと…
ESの内容は暗記した方がいいのかな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回はESの内容を暗記せずに、面接での受け答えが棒読みにならない方法をご紹介します。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

ESの丸暗記はNG

面接ではESに書いたことと同じ内容を言わないと…と考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、実際の面接ではそんなことはありません。

ESと全く同じ内容を答える必要はありませんし、面接官もESの内容と答え合わせをするようなやり方はしていません。

むしろ、以下のような理由でESの内容を丸暗記して面接で答えることは避けて下さい。

回答が棒読みになってしまう

ESの内容を暗記して答えると、気持ちが込もらずに棒読みの回答になってしまいます。

志望熱意が大切な面接において、棒読みの回答では面接官から高評価を得るのは難しいです。

自分の気持ちを込めた主張が面接通過には大切になります。

面接官を飽きさせてしまう

面接でESの内容と全く同じことを答えると、面接官を飽きさせてしまいます。

というのも、面接前にESを読んでいるため、どこかで見たことがある内容だな…と思われるからです。

面接官の興味を惹くような話をするためにも、ES丸暗記で回答するのは避けた方が良いです。

ESの項目ごとにキーワードを覚えておく

面接ではES丸暗記ではなく、項目ごとにキーワードを覚える方法がおすすめです。

内容を暗記せずに答えるので、自分の言葉で熱意を伝えながらの回答が可能になります。

また、丸暗記するのは時間もかかりますが、キーワードを覚えるのであれば短時間で済みます。

覚えるキーワードは3~4個

面接前には重要な単語やフレーズを3~4個、覚えて下さい。

段落ごとにキーワードを選んだり、キーワードの順番も意識して覚えると文章の構成を伝えやすくなります。

面接ではそれらのキーワードを組み合わせながら、自分の気持ちを込めて話すようにしてください。

もちろん、回答がESの内容と多少変わることは全然問題ありません。

SPI専用の適性検査ツール

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回はESを丸暗記せずにキーワードを覚えて回答する方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

ベネッセの無料ツールで適性検査の練習

大手ベネッセが運営する就活ツール『dodaキャンパス』では適性検査を無料受験できます。

SPIや玉手箱でも必ず出題される分野なので、事前の対策がおすすめです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

理系days