eF-1G(適性検査)Webテスト対策:例題・答え・採用企業とは?

スポンサーリンク
Webテスト

イーファルコン社のeF-1Gの対策がしたい
エフワンジーの難易度って高いのかな

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

正答率が低く、難易度トップクラスのWebテストがeF-1Gです。

今回は短時間でeF-1Gの点数がアップできるような対策方法、練習企業をご紹介します。

スポンサーリンク

eF-1G(エフワンジー)とは

eF-1G(エフワンジー)はイーファルコン製のWebテストで、最近の就活では実施企業が増加している適性検査になります。

楽天・博報堂・富士フイルム・JTBといった就活人気企業でも出題実績があります。

玉手箱・SPIとは違い1問1問に厳しい制限時間が設けられているため、難易度は相当高いです。

出題される問題にもクセがあり、1回目の受験で高得点を取るのは難しいWebテストです。

『arorua』Webテスト65分の答えとSPI適性検査の違いとは?
Webテストの見分け方を知りたい...Webテスティングサービスの対策方法は...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。一般的なウェブテストといえば下記の6種類です。 SPI 玉手箱 ウェブテスティング TG-Web

eF-1Gの構成

eF-1Gには『能力検査』『性格検査』があります。1つずつ詳細な問題構成をご紹介します。

eF-1G:能力検査

問題数は19ブロック、114問です。eF-1Gの能力テストでは各ブロックで制限時間があります。

制限時間は30分になります。

出題内容は以下の通りです。オリジナル問題が多いので初見での解答は難易度が高いです。

〇言語系

  • 語句の用法
  • 四文字熟語
  • 漢字の読み
  • 長文読解
  • 発想力

〇非言語系

  • 記号の数え上げ
  • 四則計算
  • 数字と図形の対応表
  • 積み木や煙突の並びの見え方
  • 地図
  • 企画振興力
  • 記憶力を見る問題

eF-1G:性格検査

問題数は251問。制限時間は20分~40分程度です。

主な出題範囲は以下の通りです。能力検査同様にオリジナル問題が出題されます。

  • 自分自身に対する質問文に『そう思う』『ややそう思う』から回答
  • 特定の状況に対する自分自身の行動を回答
Webテストの練習台・踏み台におすすめな企業とは?22卒必見!
...

eF-1Gの特徴

能力検査と性格検査でご説明した通り、eF-1Gは初見ではやりづらいWebテストです。

このため受験前に出題情報を知っておくことが高得点の秘訣になります。eF-1Gの特徴を2つ紹介します。

ブロックごとに制限時間がある

eF-1Gの能力検査ではブロックごとに制限時間が設けられています。

能力テスト全体の制限時間に加えてブロックごとにも時間管理をしなければいけません。

1つのブロックでどんな問題が難問出ているかを確認して、うまく時間配分するのがコツです。

問題の種類が少ない

最高難易度のeF-1Gですが、誰でもできる対策方法があります。

それは、第一志望企業の受験前にeF-1Gを複数回受けることです。

というのも、eF-1Gは問題制作会社が各大問に対して作成する問題の種類が少なく、何度も受けていると全く同じ問題が出題されるからです。

難易度高くて初見では解けなくても過去に見かけた問題であれば、簡単に解けるはずです。

eF-1Gの難易度が高い問題の対策方法

ここからは、eF-1Gの中でも特徴的な3種類の問題について、対策方法をご説明します。

発想力:〇〇の使い方の問題

能力検査の『発想力』では『〇〇の使い方』を複数答えるという問題が出題されます。

例題:『ヘルメット』に代わるものを複数答えよ

回答方式は欄が無数に用意されているので、ボックスの中に1つずつ答えを入力します。

そのときに大切なのが、

  • 要素を分解して考える
  • 文字入力スピードを速くする

の2つです。

ヘルメットの要素としては、『頭にかぶるもの、堅いもの、日差しを避けるもの、反射板がついているもの』等が考えられます。

あとは、発想力を活かして要素と同じ働きを思いつくだけ回答します。

『バンダナ、帽子、サンバイザー、反射ベスト、水泳キャップ』、発想力が大切です。

また、回答時間は120秒しか与えられないので、文字入力スピードを速くするのも高得点のためには必要です。

発想力:マジカルバナナ問題

能力検査の『発想力』では、つながる単語を連想する問題(通称、マジカルバナナ問題)も出題されます。

バナナ⇒()⇒()⇒すっぱい

出題方法は4つの単語の最初と最後が示されるので、連想ゲームの要領で2番目と3番目に当てはまる単語を回答します。

たとえば、『バナナ⇒(黄色い)⇒(レモン)⇒すっぱい』という感じです。

マジカルバナナ問題は120秒で10問出題されるので素早い回答が求められます。

また、最初の単語が全て一緒になるのがこの問題の最大の特徴です。

1問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒すっぱい

2問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒りんご

3問目:バナナ⇒(  )⇒(  )⇒車

このような形式で問題が出題されます。

1問目で『バナナ』の単語が出題されると同時に、バナナから連想できる単語を頭に浮かべるようにして下さい。

そうすれば、次の問題以降もすぐに単語のアイディアを出すことができると思います。

図形:積み木問題

非言語系の積み木問題では、立方体を積み上げたときの平面図を回答します。

選択肢は4つ与えられて、その中から構造上あり得ないものを答える問題形式になります。

回答するときのポイントはこちらです。

  • 正面図・側面図・平面図を検討
  • 空白のスペースを確認

与えられた平面図を検討するときには、正面から見た図、側面から見た図、真上から見た図をひとつずつ確認してください。

また、選択肢の中で空白スペース数が違うものがあれば、構造上ありえないので回答として即決することができます。

eF-1Gの採用企業

近年出題が増えつつあるeF-1Gですが、過去にはこんな企業で出題されています。

  • 富士フイルム
  • 富士フイルムメディカル
  • 阪急交通社
  • 楽天
  • ダイドードリンコ
  • 日本信号
  • 日商エレクトロニクス
  • 山田コンサルティンググループ
  • 極洋
  • 博報堂
  • 博報堂DYメディアパートナーズ
  • JTB
  • 大日本住友製薬
  • クレディセゾン
  • フジクラ
  • 朝日新聞社
  • 富士電機
  • 伊藤忠食品

まとめ

今回は誰でも簡単にできるeF-1Gの対策方法をご紹介しました。

初見で解くのは難しいけれど、事前に出題情報を集めてしっかり対策すれば高得点取得も可能です。

是非参考にしてもらえればと思います。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2022卒】(2020年10月更新)|就活研究所|note
※当noteは11/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days