【就活】動画エントリーの30秒/1分の例とは?服装・撮り方もご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報

就活の動画ってどんな風に撮ればいいのかな…
動画エントリーの具体例を知りたい…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活本番やインターン選考で求められる動画エントリーの対策方法をご紹介します。

動画にふさわしい服装や取り方もご説明します。

スポンサーリンク

動画エントリーが近年流行っているわけ

最近の就活では、インターンシップや本選考のエントリー時に動画を送るように指定する企業が増えています。

まずは動画選考が流行っている理由を3つご説明します。

アメリカでの採用実績があるから

動画選考はアメリカで取り入れられて一定の実績を残しています。

というのも、国土が広いアメリカでは移動に時間がかかるため、面接もWEBで行うことが多く、一貫として動画選考が普及しています。

ここ最近は日本の就活も変わりつつあり、採用方法を見直している企業では動画選考が実施され始めています。

人事担当者の業務効率化のため

大企業や人気企業の就活では、何万人もの就活生がエントリーします。

従来のやり方では膨大なエントリーシートを1枚ずつ読む必要があり、合否を決めるのに膨大な時間がかかります。

採用を絞るためにテストセンターや学歴で足切りをする企業もありますが、人物重視の企業ではあまり効果が得られません。

そこで、『自己PR』『自己紹介』などを動画形式で提出してもらうことで人事担当者が選考に割く時間は大幅に減らせます。

働き方改革の一環で業務効率化を推進する影響ともいえます。

ESや履歴書では分からない学生の良さを評価するため

ESや履歴書は文字情報だけで学生の良さを判断しなければなりません。

一方、動画選考であれば学生本人の雰囲気や人柄、熱意など、文字だけでは伝わらなかった魅力を把握することができます。

学生にとっても動画エントリーを利用することで、ESや履歴書だけでは伝えられなかった本人らしさをアピールできます。

このような理由から、動画選考は企業と学生の双方に効果的な採用方法といえるのではないでしょうか。

動画エントリーの構成とは

動画エントリーは新しい形式なのでマニュアルが少なく、作成方法が分からない学生も多いと思います。

基本的には動画の時間の長さに沿った構成を作ることが大切です。

時間は30秒と60秒というパターンが多いです。

30秒の具体例

30秒の動画では話の内容よりも、外見・印象・雰囲気といった項目が評価されます。

このため、内容を深く考えるよりも『私はこの会社に入りたいです。』という熱意を伝えることが最優先です。

30秒動画の構成例をご説明します。

  • 名前・挨拶(5秒)
  • 長所と強み(5秒)
  • 長所と強みを会社でどう活かせるか(15秒)
  • 締めの挨拶(5秒)

結論ファーストの話し方で短時間でも要点を伝えることが大切です。

自己紹介が長くなって内容が薄い動画エントリーにならないように注意してください。

60秒(1分)の具体例

動画エントリーで最も多いのは60秒のパターンです。

自己PRとそれにまつわるエピソードを1つ話すのにぴったりな長さです。

時間配分の参考例をご紹介します。

  • 名前・挨拶(10秒)
  • 長所と強み(15秒)
  • 長所と強みのエピソード(15秒)
  • 長所と強みを会社でどう活かせるか(15秒)
  • 締めの挨拶(5秒)

一番大切なのは最初の25秒の自己紹介・長所と強みでプラスの印象を面接官に与えることです。

『この人の動画をもっと見たいな…』と思ってもらえれば、動画エントリーは選考通過できます。

逆に言えば、最初の25秒でつまらないと判断されてしまうと以降の動画は見られないので注意してください。

就活でのキャラ変は必要?印象を残すにはキャラ作りが大切なのか?
自分は目立ったキャラがないけどどうしよう...就活用にキャラ変したほうがいいのかな...就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は就活するときにキャラ変が必要かどうかをご紹介していきます。就活では意図的にキャラ変が必

動画の服装はどうすればいいの?

動画撮影時の服装はスーツで指定されることもあれば、自由のパターンもあります。

指定されている場合は深く考えずにスーツを着て下さい。

一方、自由の場合は服装も含めてアピールすることが求められています。

おすすめはエントリー動画の内容に合わせた服装を着ることです。

たとえば、部活を自己PRのネタにするならばユニフォームで動画撮影するのが有効です。

人事担当者もユニフォーム姿の動画を見れば、『この学生の頑張ったことはスポーツかな…』という印象を最初の数秒で持つため、飽きずに動画を見てもらえます。

自由だからといっても、無駄に目立つ服装を選ぶ必要はありません。

動画の撮り方はどうすればいいの?

自分の動画を取り慣れていない学生も多いのではないでしょうか。

簡単にできる動画撮影のやり方をご説明します。

撮影道具はスマホで十分

撮影に必要な機材はスマホとスマホの固定道具があればOKです。

スマホの性能も年々上がっているので、音声用のマイクをわざわざ購入する必要はありません。

動画編集のソフトを使って文字や音声を入れるなどの編集も不要です。

スマホで撮った動画をそのまま送れば問題ありません。

https://shukatsu2017.com/douga-smp

友だちに撮ってもらうのがおすすめ

既にご紹介したように動画エントリーでは学生の雰囲気が評価対象になります。

普段から動画を取り慣れていないと、緊張してしまい不自然な話し方になるかもしれません。

本人の良さを引き出すための動画選考では緊張することはNGです。

自撮り動画に慣れていない人は友達に撮ってもらう方法がおすすめです。

友だちとしゃべるような話し方で動画を撮影すると自然体になれるはずです。

まとめ

今回は就活で必要な動画の撮り方をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2020卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2021卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2020年4月更新)|就活研究所|note
※当noteは4/15より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days