理系就活

電気電子工学科の就職は穴場で最強?おすすめランキング,ホワイトは?

電気電子工学科の就職先を知りたい…
どんな企業に就職できるのだろう…
電気系就職の穴場が気になる…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

理系の中でも工学部は就職しやすい学部と言われています。

特に電気電子工学科の就職実績は群を抜いています。

今回は進路に悩む高校生、就活を心配している大学生向けに電気電子工学科の就職事情をご紹介していきます。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

電気電子工学科は就活最強

どの大学でも電気電子工学科の学生は就活において重宝されています。

まずはその理由をご紹介します。

電気を使わない企業は存在しない

機械工学科の学生も就活では有利ですが、同じ理由で電気電子工学科の学生も就職しやすいです。

一言でいうと、企業の活動において機械・電気は必ず使用するということです。

  • 工場を稼働させるための電気
  • 電車を動かすための電気
  • パソコンを動かすための電気

どんな会社でも電気は毎日使用します。

大学で学んだ電気電子工学の内容は多くの業界で活かせるため、就活において電気の学生は引く手あまたです。

IT業界の就活サービス:レバテックルーキー

レバテックルーキー

レバテックルーキーはITエンジニア特化の就活サービスです。

IT業界に特化したプロのアドバイザーがES添削・面接対策を親身にやってくれます。

しかも、就活サポートだけではなく、優良企業のオファー案件も紹介してくれます。

大手SIerはもちろん、ITエンジニアの就活で利用しないのは正直もったいないです。

電気電子工学科の就職先とは

就活では電気電子工学科の学生は幅広い業界から重宝されます。

どんな業界に就職できるのかを一部ご紹介します。

メーカー

電気電子工学科の学生にとってメーカーは人気就職先の1つです。

モノづくりが好きな学生にとってはぴったりな業界といえます。

また、メーカーの中でも以下のような幅広い業界に就職できます。

  • 電機
  • 化学
  • 食品
  • プラント
  • 建設会社

というのも、既にご紹介したように電気を使わずに製造活動ができるメーカーは無いからです。

どんな会社も必ず電気設備は必要になります。

『化学業界』『食品業界』のメーカーでも電気電子工学科は求められる人材です。

工場においてプラントの電気エンジニアは安定稼働やコスト削減に携わる重要な役割があります。

また、意外な業界でいうと『建設会社』でも需要があり、電気設備の設計や施工管理の役割で活躍できます。

もちろん理系学生ならではの推薦制度も電気電子工学科では充実しています。

理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?
...

電力会社

電気電子工学科の就職先としては電力会社も人気があります。

メーカーでは機械系・化学系のエンジニアが花形ポジションに就くことが多く、電気系はサブ的な役割が多いです。

もちろん出世スピードは花形の職種の方が早いため、電気エンジニアの待遇はイマイチな企業もあります。

一方、電力会社であれば電気エンジニアが花形ポジションを占めます。

インフラ系の企業として安定も求めつつ会社内での重要な役割も担えるため、電気電子工学科の卒業生にとっては人気業界の1つです。

鉄道会社

規模は大きくありませんが、鉄道会社にも就職することができます。

鉄道を動かすための安定した電気供給が主な役割になります。

電力会社同様に、インフラ企業として人気があります。

ただし、鉄道会社には大学推薦がないので自由応募で就活が必要になります。

コンサル・公務員・文系就職

電気電子工学科の学生は技術職として就職せずに、文系就職することもできます。

理系学生の文系就職についてはこちらの記事を参考にしてください。

大学院の修士研究が向いていない?文系就職や進路を検討してみては?
大学院に進学したけど研究がおもしろくない...博士に進学するかどうか悩んでいる....大学院生の中にはこんな経験がある方もいるのではないでしょうか。今回は院生向けに研究が向いていないと感じたときの選択肢をご紹介します。/研究が向いていない人

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は電気電子工学科を卒業した時の就職先をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ESとAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

理系days