大学院は行かない方が良いの?なんとなくの進学は無駄になってしまう

スポンサーリンク
理系学生生活

大学院に進学するか悩んでいる…
大学院のデメリットを知りたい…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は大学院進学に悩んでいる方向けに、院に行くべきかどうかのポイントをご説明します。

スポンサーリンク

大学院の進学率はどれくらい?

文部科学省のデータを見てみると、大学院進学率は約10%になります。

一方、理学や工学分野の進学率は30~40%と全体平均を大きく上回っています。

国立や私立、大学院の所在地によっても進学率は変わってくるので、自分の大学については学生課に聞いてみてください。

理系大学院に進学するメリット・デメリットは?行くべきかどうか?
...

なんとなくの進学は無駄になってしまう

将来の進路を悩んでいるときに、なんとなくの大学院進学は絶対におすすめしません。

というのも、研究室生活は想像以上に大変でストレスも多いからです。

研究室でのうつ病とは?ストレスやだるさで心を病む前に読んで欲しいこと
最近、研究が上手くいかないな...気力が無くて鬱っぽいんだけど...理系学生の中にはこんな不安をもつ方もいるのではないでしょうか。研究が進まずにイライラすることや、理不尽な教授に無茶を言われることもあります。しかし、そのたびにメンタルが不安

好きな研究であれば前向きに取り組めますが、興味のない研究に2年間を費やすのはもったい無いです。

大学院に行くときには明確な目的があるかどうかを自分の中で再確認してください。

ここからは、どんな人が大学院に行くべきかをご紹介します。

大学院に行った方が良い人

大学院進学をおすすめできる人の特徴を2つご説明します。

やりたい研究がある

やりたい研究が明確な人にとっての大学院進学は最高の環境です

昼夜問わず、好きな研究に没頭できるのは大学院時代だけかもしれません。

研究分野にも依りますが、大学院の研究室では個人では使用できない高価な装置や道具も利用可能です。

優秀な研究者が多く在籍しているので、貴重なアドバイスをすぐに貰えることも院進学のメリットといえます。

技術職として企業に就職したい

将来のキャリアを技術職として働きたい人にも院進学が向いています。

技術職の採用では理系大学の学校推薦を利用するのが一般的です。

修士学生は学部生よりも優先的に学校推薦を貰えるため、技術職で採用されるには院進学が有効になります。

研究室で身に付けられる以下のような理系スキルも技術職としては必要といえます。

  • 論理的思考力
  • 研究の進め方
  • プレゼンスキル
  • 論文作成スキル
理系就活の推薦応募(学校推薦)と自由応募のメリット・デメリットとは?
...

大学院に行かない方が良い人

ここからは大学院に進学しない方が良い人の特徴をご紹介します。

モラトリアムを延長したい

モラトリアム期間を延長したいという目的で大学院に進学するのは止めた方がいいです。

修士学生も身分は学生ですが、学部生とは比較できないくらい忙しい日々を送ります。

  • 研究活動
  • 大学院の講義
  • インターンシップ
  • 論文投稿
  • 学会発表
  • アルバイト

普通の大学院生であってもこれらの活動を並行して行います。

モラトリアムを延ばしたいという目的で大学院に行ってしまうと、忙しすぎるのできっと後悔するはずです。

大学院生って忙しい?時期別に理系院生の生活リズムを紹介!
...

給料が欲しい

既にご紹介しましたが、大学院の平均進学率は10%なので、残りの90%の大学生は社会人として働きます。

学生と社会人の一番の違いは給料をもらえるかどうかです。

同年齢の友だちが働いて給料をもらっているのに、自分は大学院生だから無給というのは想像以上に大変です。

しかも、大学院に通うには学費を払わなけばいけません。国立であっても年間50万の費用が発生します。

理系大学院の学費とは?国立大学院・私立大学院の費用を一覧で紹介
理系大学院の学費ってどれくらいかかるの?国立と私立での差はどれくらいなの?大学院進学を考えている学生の中には、こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。学部卒業後には他大学への外部進学も可能です。学生が大学院を選ぶ基準は様々です。 興味

奨学金制度でまかなうこともできますが、大学院修了時には膨大な借金が残ってしまいます。

卒業後は給料がすぐに欲しいという人にとっては、大学院進学は向いていないと思います。

学部卒と大学院卒の生涯年収の違い:初任給や平均手取額を比較!
学部で就職しようと思ったけど、大学院行ったほうが生涯賃金増えるのかな。院卒と学卒の初任給ってどれくらい違うのかな。理系学生で就職を考えたときに、こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。今回は、年収の観点からこんな視点で記事を書きました

まとめ

今回は大学院に行った方が良い人、行かない方が良い人の特徴をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。是非参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2021卒】(2020年7月更新)|就活研究所|note
※当noteは8/1より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト対策集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
理系学生生活
理系days