就活でプログラミングスキルをアピールする方法とは?経験者必見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活 プログラミング 就活情報

特技や得意科目としてプログラミングができると、就活が有利になることを知っていますか。今回は就活でプログラミングスキルをアピールするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

プログラミングは文系・理系のどちらがやるのか?

「プログラミングは理系がやるもの」
「文系なのでプログラミングは関係ない」
と思っている就活生もいるのではないでしょうか。

実際には文系理系問わず、プログラミングができると就活の幅が広がりますよ。

例えば、IT業界・Web業界など。

新卒採用ではプログラミングができなかったとしても、内定をもらうことができます。一方、大学院や独学でプログラミングを習得している理系学生も多数います。

社員のスキルアップのために、入社後の研修でプログラミングの基礎は学びますが、時間的に十分とは言えません。

また、社会人になると時間に追われることが多いので、自分の好きなように学習することは難しいかもしれません。

もしIT業界・Web業界に就職し活躍したいと思っているなら、学生のうちからプログラミングを学ぶことをおすすめします!

就活でプログラミングが有利な理由とは

1.幅広い業界や職種に就職できる

プログラミングときいて想像するのは、IT業界・Web業界ですね。他にも以下のような業界や職種で必要とされます。

  • コンサル業界のITエンジニア
  • 大企業のIT部門

プログラミングは世界共通で使われるので、日系企業だけでなく海外や外資系企業で働くこともできます。

グローバルで活躍したいと考えている学生は、是非身に付けるべきスキルといえます。

2.IT分野は成長途中なので、転職に強い

ファインテック、ブロックチェーン、イーコマースなど、IT分野は今もなお、成長途中の業界です。成長スピードも他業界と比較して早く、優秀な人材というレッテルを得ることができます。

会社は違ったとしても、プログラミング言語は同じ。開発方法は似ているということはよくあります。

なので、ITエンジニアは転職しやすい職種といえます。独自のスキルを持っていると、他企業からも引く手あまたのエンジニアになれますよ。

大企業でも安定とは言えない時代なので、転職に強いスキルを身に付けることはキャリアとしても重要になります。

3.技術力勝負

IT業界・Web業界は実力勝負です。

「若手から大きな仕事をやりたい」
「仕事を通して成長したい」
と考えている就活生にはぴったりです。

就活生がプログラミングを学ぶためには?

ここまでプログラミングを学ぶメリットとして、「就活に有利」「キャリア形成しやすい」ことをご紹介しました。

では就活生がプログラミングを学ぶには、どのような方法があるのでしょうか?

TechAcademy(オンラインスクール)がおすすめ!

おすすめはTechAcademy [テックアカデミー] です。

筆者も就活後に「TechAcademy:テックアカデミー」でプログラミングの勉強をはじめ、このサイトを設計することができました。

初心者でも短期間でプログラミングを体系的に学べるので、おすすめですよ!

テックアカデミーの強み5選

1.オンラインで受講できるので、場所や時間を問わない

講義はすべてオンライン受講できるので、自宅に居ながら勉強できます。最短4週間でプログラミング知識を学べます。

短期間に集中して受講するため、効率の良く学習することが可能です。

2.現役プロエンジニアによるメンター制度

受講生に1人ずつ現役プロエンジニアの担当が付きます。メンター制度を採用しているので、時間を気にせず質問し放題です。

チャットで質問するとプロエンジニアがすぐに回答してくれますよ。

3.教材は繰り返し閲覧できる

オンライン講座ならではの強みが「教材を何度も閲覧できること」。

理解しづらい箇所は何度も見直すことで、いつでも復習できます。サービス期間の終了した後でも教材は継続してみることができます。

4.エンジニア業界の転職・就職サポートに対応

スキルを身に付けるためとは言っても、やはり転職・就職のためにプログラミングを学ぶ方もいます。TechAcademyではエンジニア業界で働くための手厚いサポートがあります。

キャリア説明会の案内、無料カウンセリングなどのサービスを無料で受けられます!

5.無料体験期間がある

TechAcademy最大の強みは「1週間の無料体験期間」があること。

IT・Web業界に必要な知識とスキルを体系的に学べるけれど、気になるのは金銭面ですよね。安くはない費用を出しても受けるべき講義なのか、どうか。

受講するべきか迷われている方こそ、無料体験を受けてみてください。もしご自身に合わなかったら、無料体験で終了すればゼロ円で済みます。

≫ TechAcademyの無料体験はこちら

まとめ

今回は就活でプログラミング経験やスキルが必要かどうかを説明しました。紹介させていただいたTechAcademyはIT・Web業界に関わらない学生にもおすすめなサービスです。

こんなに充実したサービスのプログラミング講座を受講しないなんてもったいないですよ。

TechAcademy [テックアカデミー]

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2019卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

2020卒!玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード(2019年8月更新)|就活研究所|note
※当noteは8/31より値上げを予定しておりますので、ご購入予定の方はお急ぎ下さい。 就活では誰もが受験するWebテスト 皆さんはどのように対策していますか? 『就活対策本で問題演習する』という方が多いと思いますが、正直めんどくさくありませんか。 そんな就活生におすすめなのがWebテスト解答集を使う方法で...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

就活ノートでリアルな選考情報をみる

ほかの就活生が知らない選考情報・クチコミを利用すれば、短時間で対策できます!

  • 内定までの面接回数
  • 過去3年分のES設問
  • 内々定後の後付け推薦の有無

こんな情報を知っているだけで無駄な準備をせずに就活できるのではないでしょうか。

『就活ノート』では無料登録するだけで1000社以上のESや選考情報が見放題です。

他の学生と差をつけるにはおすすめの無料就活サービスです!是非利用してみてください。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就活情報
理系days