就活情報

就活面接でベルトを忘れた…外出先での対応策をご紹介!

面接なのにベルトを忘れてしまった…
ベルト無しでも就活は大丈夫かな…

こんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活面接でベルトを忘れてしまったときの対処方法をご紹介していきます。

就活に役立つスマホアプリ(無料)

就活面接でのベルトの必要性

結論から申し上げますと、面接を受けるときには絶対にベルトを付けるようにして下さい。

就活生の中にはパンツが落ちなければ大丈夫…と思う方もいるかもしれませんが、面接では身だしなみを整えることが大切です。

採用担当も学生の身だしなみチェックを入念に行うので、ベルト無しの状態はすぐに気付かれてしまいます。

自分の身だしなみも整えられないのだから、仕事をする上で細部への気遣いはできないだろう…というマイナス評価をされてしまいます。

もちろんテストセンターや筆記試験であれば、身だしなみを問われることは少ないので、ベルトを忘れても大きな減点にはなりません。

ベルトを忘れたときの対処方法

ベルトを忘れてしまったときの対応策をご紹介します。

外出先でベルトを買う

ベルトを忘れてしまったら、外出先で購入するのが一番良い方法です。

新しく買うのはもったいないと思うかもしれませんが、面接での成功に比べれば安いものだと思います。

ベルトの購入先は以下のとおりです。

  • コンビニ
  • ドン・キホーテ
  • 100円ショップ
  • 紳士服店
  • 雑貨屋

黒色のシンプルなデザインのベルトであれば大差ありません。

緊急用だけどせっかく購入するなら本格的に使いたいという場合には、紳士服店で買うようにして下さい。

友人から借りる

同じタイミングで面接を受けている友人がいれば、ベルトを借りるのも手段のひとつです。

友人の面接が終わったタイミングでベルトを借りて、後日返却するようにしてください。

都内や大学付近など、周りに知り合いがいる可能性が高い場所での面接時には有効な方法となります。

自宅に取りに帰る

面接開始までの残り時間によっては自宅に取りに帰ることも考えてみて下さい。

就活用のベルトは1本あれば十分なので、わざわざ購入するのは正直もったいないです。

面接までに時間があれば面倒くさがらずに取りに帰りましょう。

SPI専用の適性検査ツール

Lognavi

Webテスト対策では専用ツールを使うのがおすすめです。

就活ツール『Lognavi』では適性検査を無料受験できます。

ESなしでSPIに類似した問題を受けられるので、事前対策にはぴったりです。

登録はスマホからのみ可能、もちろん適性検査の受検は無料で利用できます。

まとめ

今回は就活面接でベルトを忘れてしまったときの対処法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

上記3社から気になるツールを選んでも良いですし、もちろん併用もOKです!

『無料だから全部使いたい』という人は、3つとも利用するなど使い方は自由です。

キャリア軸に特化した価値観診断

キャリチケット

キャリア軸に特化した自己分析を深めるにはキャリチケットスカウトがおすすめです。

価値観診断を受けるだけで、自分らしさや大切にしている価値観が明確になります。

しかも、診断結果を基に自分に合った企業からスカウトが届くので、使って損はないです。

リアルな偏差値が分かる能力検査

Lognavi

アプリ限定の『Lognavi』では適性検査を無料で受験できます。

知的テスト118問では言語力や計算力を診断、性格テスト90問では回答結果から受験者の思考性を測定します。

本番さながらの模試を受けると、リアルな偏差値が出るのでレベル確認にも役立ちます。

詳細なレポートを読み込んで、自分を客観視するのがWebテスト対策には有効です。

ES提出とAI面接で企業ごとの合否判定

一人でこっそり就活対策するには、就活共通テストがおすすめです。

志望企業を選んだあと、ES提出とAI模擬面接を受けると、

  • 合否判定(S~E判定)
  • 受検者内の順位
  • 人事目線の個別フィードバック

が得られます。

しかも、テストは全業界の人気企業約1300社をカバーしています。

志望企業の個別対策にはぴったりの就活ツールです。

理系days