ANA(全日本空輸)【ES】
スポンサーリンク

ANA(全日本空輸)【ES】

ANA ES

今回は2018卒の就活生に寄稿してもらった「ANA」選考記事を紹介します。

選考フローは「ES提出」⇒「工場見学」⇒「1次面接」⇒「最終面接」です。

近年、ANAは急成長しており、日系航空会社JALと比較して国際線便数が多いといった強みを持っています。

航空業界は例年非常に人気な業界であるため、入念な事前準備が求められますよ。

スポンサーリンク
こちらもおすすめです

募集要項

職種は「総合職事務系」「総合職技術系」「CA」です。

「総合職技術系」は大学での専攻が不問ですので、多くの学生が応募できます。

採用活動はそれぞれの職種で実施されるため、「総合職事務系」「総合職技術系」「CA」を併願することは可能です。

選考フロー

会社説明会→ES提出→1次面接→最終面接

会社説明会は4月に実施されましたが、1次面接は6月1日以降と経団連の基準を順守していました。

技術系の場合、学部生・大学院生の区別はほとんどないように感じました。ANAは学校推薦がなく、全て自由応募なので他社で推薦を出す場合は注意してください。

Webテスト

ありません。ただ、ESにTOEICのスコアを記入する欄があります。

ES

締め切りは4月20日です。手書き(郵送)でA4用紙2枚程度の分量です。

用紙内の白紙に記入したため文字数は目安になります。

①:一番あなたらしいと思う写真の理由。250文字程度

②:あなたが学生時代に努力を積み重ねて頑張ったNo1だといえるものとその理由。400文字程度

③:あなたが感じているANA総合職技術系の魅力。450文字程度

ES対策

ANAのESは独自の設問とテンプレートの質問が入り混じっています。

手書き記入であるため、提出するまでには時間がかかりそうです。

①:ES記入欄とは別に「あなたらしい写真を貼り付けてください」という欄があります。

写真について説明するのが①の設問です。

②:「学生時代頑張ったこと」に類似した質問ですが、「努力」・「No1」がキーワードです。

エピソードは他社の使い回しで構いませんが、「努力したこと」「No1であること」を強調する書き方に直しましょう!

③:ANAならではの強みを書きます。

ANA便を利用した時の「自分だけの気づき」があれば、是非エピソードに盛り込んでください。

他には「JALとの違いを踏まえたANAの強み」という視点も良よさそうですね。

結果連絡

メールで不合格の連絡がきました。やっぱり、ANAの選考倍率は非常に高いです。

まとめ

・航空業界ANAのESは独自の設問+テンプレ通りの設問

・ES提出は手書きなので時間がかかる

スポンサーリンク
こちらもおすすめです
トップへ戻る