3E(エンジャパン)Webテスト対策:時間切れで終わらない…

スポンサーリンク
Webテスト

3E-IPってどんなテストかな…
簡単に対策できる方法を知りたい…

就活生の中にはこんな疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は就活用テスト『3E-P』『3E-I』の試験概要と対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

3E-IPとは

3E-IPはエン・ジャパン社が作成する就活用テストです。

3E-IPの試験科目・試験構成

3E-IPの構成は大きく分けると2つあります。

  • 3E-i:知的能力テスト(20分)
  • 3E-p:性格・価値観テスト(15分)

テスト時間は合計35分になります。

試験方法については『Webテスト』『ペーパーテスト』がありますが、最近の就活ではWebテスト形式での出題がほとんどです。

ここからは、『3E-i』と『3E-p』の出題範囲をご紹介します。

3E-i(知的能力テスト)の出題分野

3E-iテストの出題問題は7パターンあります。

試験では制限20分の間に7パターン×3週の合計21問を解答します。

1週目、2週目、3週目では問題の傾向は同じですが、数字が変更されて出題されます。

また、解答途中であっても20分を過ぎてしまうと強制的に試験終了となるので注意してください。

制限時間内に21問を解き終わると、残りの時間は自分の解答を修正することができます。

出題される3E-iの7種類の問題は以下の通りです。

  • 下1桁の足し算
  • 9マスの文字並べ
  • 文字の並べ換え
  • 余る文字
  • 上下のマス目の数値関係
  • 数字とアルファベットの変換の記憶
  • 図形の法則性

3E-p(性格・価値観テスト)の出題分野

3E-pテストでは15分で性格や行動特性に関する90問を解きます。

一般的な性格テストと同様に回答の際には、

  • 企業がどんな人物を求めるか
  • 職種や社風に合っているか
  • 自分の答えに一貫性があるか

この辺りに注意して答えれば問題ありません。

また、就活の性格テストに関する対策はこちらの記事も参考にしてください。

適性検査・性格判断の無料対策方法とは?SPI・テストセンターのコツをご紹介!
就活の適性検査ってどうやればいいのかな...性格判断の評価ポイントはどこにあるのかな...就活生の中にはこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。Webテスト対策といえば、言語や非言語といった能力検査をイメージするかもしれませんが、適正

3E-IPの対策方法

ここからは、3E-IPテストの対策方法を2つご説明します。

問題の種類ごとに例題がある

3E-i(知的能力テスト)では7種類の問題ごとに例題が出題されます。

注意ポイントは例題を解く時間も制限時間に含まれることです。

SPIや玉手箱などの他のWebテストとはルールが異なるので注意してください。

例題で出題傾向を把握することも大切ですが、制限時間を使い過ぎないようにしてください。

短時間で多くの種類の問題に答える

3E-i(知的能力テスト)は制限時間との勝負になります。

難易度はそれほど高くありませんが、初見では解きづらい問題が多数出題されます。

このため事前に問題の傾向を掴むことが大切です。

就活本・ヤフオクで販売されている解答集等を利用して対策してみてください。

まとめ

今回は3E-IPの試験内容と対策方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか。就活試験の受験前に参考にしてもらえると幸いです。

手っ取り早く内定が欲しい就活生向け!

ES・面接・インターンなど、就活ってやることが多くて大変ですよね。しかも、入念な準備をしたとしても、選考に落ちる場合もあります。

このページを見ている就活生はきっと効率良く就活を行い、さっさと内定が欲しい!」と考えているのではないでしょうか。

「サクッと就活を終わらせたい!」そんな就活生におすすめの方法をまとめました。

Webテスト解答集の利用

ヤフオク・メルカリでは、Webテスト解答集が販売されています。主な入手経路は以下の3つです。

  • ネットを使って購入する
  • サークル・部活に引き継がれている解答集を利用する
  • 友人からもらう

手っ取り早くWebテスト選考を通過したい就活生はネットで入手しましょう。

当サイトおすすめのWebテスト解答集はこちらです。2021卒で実施されたWebテストの通過率が高いのが特徴です。

玉手箱/Webテスト解答集のダウンロード【2022卒】(2020年11月更新)|就活研究所|note
【現在取扱停止中】 改訂版作成のため、現在取扱を中止しております。 お支払い頂いても商品の閲覧はできませんのでご注意ください。 ※当noteは12/1より再度お取扱予定です。 =============================== 就活では誰もが受験するWebテスト。 皆さんはどのように対策して...

Unistyleで企業別のWebテスト対策

Webテスト攻略は「玉手箱」「SPI」「TG-WEB」「CAB」「GAB」のどのタイプが出題されるかを事前に知ることが重要です。

皆さんが出題形式を知るには、これらのツールを使うのではないでしょうか。

  • 就活本
  • 企業の選考情報

ただし、「就活本はお金がかかる」「届くまでに時間がかかる」等デメリットもあります。

おすすめは「企業の選考情報」を活用して、Webテストの出題形式を知ることです。

就活ツールUnistyleでは、無料登録するだけで「企業別選考対策」を閲覧できます。

過去数年間の選考情報を検索できるので、正確な情報をタダで手に入れられますよ。

自己分析にはOfferBoxがピッタリ

自己分析って面倒くさいしどうやったら良いのかわからない...という就活生も多いのではないでしょうか。

とはいっても、就活開始時に自己分析を丁寧に行うことは内定獲得の重要なポイントにもなります。

スカウト型就活サイトOfferBoxが提供する『Analyze U+』を利用すれば、後回しにしがちな自己分析をアンケート感覚で終わらせることができます。

全251問のアンケートに解答するだけで、就活で必要な『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の25項目の偏差値グラフが表示されます。

アンケートに答えるだけで本格的な自己分析の結果表が手に入ります。

診断結果から就活に役立つアドバイスを貰えるので、自己PRにも活かせます。

OfferBoxを利用するメリットは2つです。

  • 説得力のあるエピソードを作成できる
  • 就活の効率が格段によくなる

必要な時間は20分程度とお手軽にできるのも魅力の1つです。

また、OfferBoxにはスマホアプリも用意されています。忙しい就活生はスキマ時間に自己分析を進めちゃってください。

『Analyze U+』と『OfferBox』の登録はもちろん無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webテスト
理系days